普通科 1年生


特進E(エクセレント) コース 発展を重視 

一般的な角丸イメージ
ICTを活用した数学Ⅰの授業(授業者:中住 薫)

「ICT教育」と「教員の指導力」の相乗効果も魅力です。

 発展を重視する特進E(エクセレント)コースと基礎を重視する特進S(スタンダード)コースがあり、どちらのコースも同じ目標を持った生徒同士が切磋琢磨できる環境にあります。受験指導の経験が豊富で熱心な先生方が、皆さんの夢を実現させるために強力にバックアップします。さらに、全ての教室でタブレット・プロジェクターが活用でき、「ICT教育の充実」と「教師の指導力」との相乗効果でさらなる学力アップを目指します。

ICTを活用した新たな学びの創造へ‼
令和3年度から、校内に高速Wi-Fi を整備し、いつでもどこでもICTを活用した学習ができる環境を整え、アクティブ・ラーニングなど、時代の変化に対応した新しい教育を目指します。

週当たりの各教科・科目の授業時間表

 2・3年時のカリキュラムは選択するコースで異なります。


 

一般的な角丸イメージ
週当たりの各教科・科目の授業時間表
進学関係年間スケジュール

文系か理系か?将来を見据えながらじっくりとコースを選択することができます。

一般的な角丸イメージ
進学関係年間スケジュール
学びみらいPASS

 社会で求められる「新しい学力」を測定します!


社会で求められる力は知識の習得や決められた正解にたどりつく力だけではありません。知識をもとに、新たな問題を解決する力や、主体的に働きかける姿勢、周囲の人たちと共に取り組む姿勢が求められます。テストの結果により自分の適性を探り、進路決定の参考にします。

特進E・Sコースの部活動(月7運動部・文化部)

月7運動部は2年生まで活動できます。


特進各コース(スポーツ科学コースは除く)の生徒を対象にした運動部が、毎週月曜日の7限に実施されています。 特進Eコース・Sコースでは、全体の72%(令和元年度)の生徒が月7運動部や文化部(吹奏楽部・合唱部・自然科学部などP55〜58参照)で活動しています。P51〜54にある運動部に所属している生徒も若干名いますが、野球部・男子サッカー部については、グランドが遠いため入部は困難です。

一般的な角丸イメージ
ソフトテニス部
一般的な角丸イメージ
バドミントン部
一般的な角丸イメージ
卓球部

特進E(エクセレント)コースの特長

 国公立大学および難関私立大学を目指す生徒が多く在籍するコースです。高度な授業が展開され、 入学時より習熟度別クラス編成を行っており、効率よく学力を伸ばすことができています。

より高い目標を設定し、ハイレベルな授業を展開

発展数学 発展英語

発展数学(数学A)の授業

ハイレベル模試の対策も授業で行います。(授業者:吉川 馨)

発展英語(コミュニケーション英語Ⅰ)の授業

ICTを活用し、聞く・話す・読む・書くの4技能を育成します。(授業者:美原 庸克)
それぞれの目標に向かって、互いに競い合い、励まし合う仲間がいます。

未来を見据えて、仲間と共に目標に向かって 進んでいます。
数学と英語の授業では、問題を解くだけではなく、どうしたら正解を導き出せるかを先生方に丁寧に教えていただいています。そうすることで様々な種類の問題に対応できる柔軟な思考力が身についてきました。自分だけでは解けない時には、先生や友だちに教えてもらい少しずつですが確実に大学進学というゴールに向かって進んでいます。
沖 紘羽 一本松中学校出身

特進E(エクセレント)コースの担当教員から一言

Card image cap
数学科: 吉川 馨
「なぜ?」、「どうして?」を大切に!!

高校の数学は中学の数学とは違い、抽象的な内容になってきます。数学ができるようになるには、「なぜ?」や「どうして?」といった疑問が重要となってきます。このような疑問に出会ったとき、その疑問をうやむやにせず、じっくりと考えてみましょう。この「考える」時間こそ、数学ができるようになる近道です。どんな難問にも、めげずに考える態度を養っていきましょう。

Card image cap
英語科: 美原 庸克
仲間とともに自己の目標に挑戦する!

Eコースでは、一人ひとりが高い目標を持ち、その実現に向けてクラスメイトと切磋琢磨しながら学びます。英語の授業では、読む・書く・聞く・話すの4技能をバランスよく学び、授業で学んだ語彙や表現を用いて、自分の考えを自分の言葉で表現できる生徒の育成に力を入れています。あなたも済美で高いモチベーションを持った仲間と競い、支え合いながら、あなたの目標を実現させましょう。

Card image cap
理科: 山中 文夏
授業は皆さんが主役!

理科の授業では、観察や実験を通して自然の事物・現象を学びます。近年、思考力、判断力、表現力が重視されているため、特進Eコースの授業は、グラフを描いたり、データを読み取ったりする課題解決的な授業の展開をしています。また、ICTやモデルなどを活用して目には見えない現象をイメージ化したり、グループワークを行い自分の考えを表現したりします。

私は特進E(エクセレント)コースを選びました。

特進Eコースで充実した毎日!
大学進学を目指す私にとって、済美高校の特進Eコースを選ぶことは、自然な流れでした。授業は中学と比べて進むペースがとても速く、内容も高度になりましたが、日々の予習・復習に力を入れ、授業に取り組んでいます。また、放課後は分からない問題について先生に質問するなど、時間を有効に使っています。
越智 彩由奈 西中学校出身

ハイレベルな授業が目標大学合格への一歩!
私は大学進学を目指し、意識の高い仲間とレベルの高い授業を受けたいと考え、特進Eコースに進学しました。休み時間には仲間と楽しく会話しますが、授業中には先生の説明に聞き入る緊張感があります。また、放課後には互いに苦手教科を教え合っています。高い目標を持ったクラスメイトと共に粘り強く学習に取り組み、自分を高めていきたいと思います。
和田 こころ 内宮中学校出身

放課後も充実しています。

学習場所を日によって変えています!
私は、ハイレベルな授業内容の理解を高めるために、放課後の学習場所を工夫しています。集中して予習・復習に取り組みたい時には、個人ブースのある図書館を利用します。また、疑問や課題がある時には、教室で友人と勉強会を開きます。
尾﨑 双亮 余土中学校出身

放課後、図書館での自主学習
職員室での個別指導
特進Eエクセレントコースで学んだ卒業生

1年生のうちから大学受験を見据えたレベルの高い学習に取り組むことができました。クラス全体の学習へのモチベーションが高く、とても勉強に適した環境でした。先生方の指導も手厚く、着実に学力を向上させることができました。現在は、新型コロナウイルスの影響でオンラインで講義を受けています。
髙石 剛志 九州工業大学 工学部(令和2年卒業/愛大附属中学校出身)

  済美高校は、先生が親身になって生徒のことをサポートしてくれる学校だと思います。私が在学中も担任の先生や教科担当の先生に勉強や進路のことなどで相談に乗っていただきました。今は大学に直接通って学ぶことができない状況ですが、済美高校で身につけた勉強術を使って家での学習を頑張っています。
和田 真璃海
愛媛大学 法文学部(令和2年卒業/小野中学校出身)

学園歌 
進路状況