高校野球 経験は必ず生きる~元プロ野球選手鵜久森さん

夏の高校野球選手権大会の中止決定をうけ気持ちを切り替え、再開された部活動に励む3年生も少なくありません。済美の2004年春の甲子園優勝、夏の準優勝に4番打者として貢献した元プロ野球選手の鵜久森さん(33)は「厳しい高校野球をやり抜いたことは必ず生きる」と。思わぬ苦境に直面した球児の背中を押します。


高校野球 経験は必ず生きる
  • 令和2年5月31日(日)
  • 愛媛新聞掲載
  • (掲載許可番号:d20200602-01)

2020年06月12日

Placeholder image 
Placeholder image