所在地確認 所在地確認

 
ホームトピックス ニュース

令和2年2月15日(土曜日)アイテム愛媛で「河原スイーツコンテスト2020」が行われました。このコンテストに、予選を通過したクッキング部2年生6名と1年生1名が出場しました。このコンテストは、地域の特産品をスイーツの材料に使って、地域活性化に繋げる高校生のコンテストです。今年は、全部で11作品が書類選考を通過し、本日の大会に進みました。
審査員として河原パティシエ・医療・観光専門学校の黒佐洋一先生とパティスリーみかんカフェ オーナー永尾彰英先生がいらっしゃいました。
本校からは「瀬戸内タルト」、「梅あん抹茶大福」、「魔法のフライパン」の3作品が出場しました。
残念ながら、3作品とも入賞とはなりませんでしたが、有名なパティシエからアドバイスを受けることができました。

 

会場の様子
出場生徒

 

最優秀作品 
伊予農業高校黒川さんの「オレンジ媛」

 

済美生の3作品

魔法のフライパン

梅あん抹茶大福

瀬戸内タルト

 

生徒の感想より
〇試作やプレゼンテーションを作っている時に、やることが多すぎて、心が折れそうになりましたが、家族・先生・友達の支えのおかげでなんとか上手く発表できました。当日のステージのプレゼンテーションではとても緊張しましたが、納得のできる良い発表ができたと思います。このコンテストでもっと地域の人に愛媛の特産品について知ってもらい、地域活性化に繋げたいと思いました。

〇みかんカフェのオーナーである、永尾先生から「大福の中身としてクリームチーズを入れているのは面白い!」、「中のあんの梅の味がはっきりと目立っていて良かった。」と評価していただきました。この次は、創作力や想像力を高めてもっと面白いスイーツを考えていきたいと思いました。

〇私は、正直、予選通過できると思っていなかったので、2次審査出場の書類が家に届いた時、嬉しすぎて泣いてしまいました。それから、毎日コンテストに向けて、プレゼンの偽のスライド作りやスイーツのレシピの改善に励み大変でした。自分の作品は入賞しなかったけれど、友人や先輩、先生などに「よく頑張ったね!」と褒めてもらえて、とても嬉しかったです。来年こそ優勝嘗が取れるよう頑張ろうと思いました。

 


2020年02月28日

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから