所在地確認 所在地確認

 
ホームトピックス スポーツ

四国高校選手権大会が16日、4県の各会場で32競技を行いました。 新体操は済美が20年ぶり3度目の優勝を飾りました。陸上では女子走り幅跳びで重信選手が初の頂点に、女子400メートル障害の藤岡選手が2位になりました。剣道女子は2-2代表勝ちで帝京第五に敗れ、惜しくも準優勝となりました。卓球女子シングルスは木塚選手が3-2で伊藤選手(香川西)を破り見事優勝しました。ソフトテニス男子は徳島科技に2-1で敗れ準決勝進出はなりませんでした。女子も尽誠学園に2-1で敗れ準決勝進出とはなりませんでした。空手個人組み手の佐々木選手は準々決勝で5-0で棚田選手(小松島西)に勝ち準決勝に進みましたが、4-1で牟礼選手(高松商)に敗れ決勝進出はなりませんでした。ソフトボール女子は準々決勝を2-1で高松南に敗れました。17日は3県で5競技を行い、女子陸上1600メートルリレー(竹内、藤岡、清水、秋山)で1位、100メートル障害で藤岡選手が1位になるなど健闘し、トラック1位、総合で準優勝しました。ソフトテニス女子個人は小倉あ・西田組が4-3で大奈路・豊田(聖カタリナ)に敗れ準決勝進出はなりませんでした。



令和元年6月17日(月)愛媛新聞掲載(掲載許可番号:d20190617-012)


令和元年6月17日(月)愛媛新聞掲載(掲載許可番号:d20190617-011)


令和元年6月18日(火)愛媛新聞掲載(掲載許可番号:d20190618-004)

2019年06月19日

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから