あなたの高校生活を支える制度です。
済美高校の奨学生制度・授業料助成制度 あなたの高校生活を応援します!
奨学生制度を利用して、一人ひとりがレベルの高い目標に向かって努力しています。
1.学業奨学生制度

(普通科全コース・美術科の生徒に適用されます。)

次の1〜3のすべての条件を満たす者を、学業特別奨学生として任命します。学業特別奨学生に任命された者は、学業成績の基準により(Ⅰ)月額30,000円または、(Ⅱ)月額20,000円が支給されます。返還の義務はありません。なお、学業成績が著しく低下したり、奨学生としてふさわしくない行為があったりした場合は、奨学金の支給が停止される場合があります。

  1. 学業成績が特に優秀な者
  2. 本校を専願し、推薦入試Bにおいて合格した者
  3. 行動面において他の模範となるなど、中学校長が学業特別奨学生として適当と認め、 推薦する者

(普通科全コース・美術科の生徒に適用されます。)

 次の1〜4のすべての条件を満たす者を、学業自己推薦奨学生として任命します。学業自己推薦奨学生に任命された者は、月額15,000円が支給されます。返還の義務はありません。なお、校則違反および学業成績不振など奨学生としてふさわしくない行為があった場合は、奨学金の支給が停止される場合があります。

  1. 学業成績が優秀な者
  2. 本校を専願し、推薦入試Cにおいて合格した者
  3. 次の(ア)〜(ウ)のいずれかに該当する者
    (ア) 学校内または学校外においてスポーツ・芸術・文化などの活動で活躍した者
    (イ) 生徒会活動・学級活動・学校行事において活躍した者
    (ウ) 各種検定などの資格を有する者
  4. 自己推薦書の記載内容および人物について、中学校長が学業自己推薦奨学生として 適当と認め、推薦する者

自己推薦書は、出願時に本校所定の用紙に上記(1)の(ア)〜(ウ)に関することを600字以内で志願者本人が記入し提出していただきます。

(普通科全コース・美術科の生徒に適用されます。)

次の(1)〜(4)のすべての条件を満たす者を、学業育英奨学生として任命します。学業育英奨学生に任命された者は、月額10,000円が支給されます。返還の義務はありません。なお、校則違反および学業成績不振など奨学生としてふさわしくない行為があった場合は、奨学金の支給が停止される場合があります。

  1. 学業成績が総合的に見て平均程度以上の者
  2. 本校を専願し、推薦入試Dにおいて合格した者
  3. 次の(ア)〜(エ)のいずれかに該当する者
    (ア) ひとり親家庭(母子世帯または父子世帯)である。
    (イ) 本人が済美高校在学中に、大学・短大・専門学校等に在籍する兄もしくは姉がいる。
    (兄もしくは姉が大学等に進学予定の場合も該当します。ただし奨学金の支給は、兄もしくは姉が大学等に 在籍中に限ります。)
    (ウ) 保護者が6カ月以上にわたり、長期療養をしている。
    (エ) 家族の中に障がい者がいる。
  4. 人物が良好で、中学校長が学業育英奨学生として適当と認め、推薦する者
    ※在学中に学業育英奨学金支給の事由である、上記(3)の(ア)〜(エ)が止んだ時は、直ちに学校長に届け なければなりません。
2.スポーツ奨学生制度

(運動部の生徒に適用されます。)

愛媛県下の中学生で、スポーツにおいてトップレベルの技能を有するとともに、次の1〜3のすべての条件を満たす者を、トップアスリート奨学生として任命します。トップアスリート奨学生に任命された者は、月額30,000円が支給されます。返還の義務はありません。 なお、校則違反などの奨学生としてふさわしくない行為があった場合は、奨学金の支給が停止される場合があります。

  1. 学業成績が総合的に見て平均程度以上の者
  2. 本校を専願とし、推薦入試Aにおいて合格した者
  3. 人物が良好で、中学校長がトップアスリート奨学生として適当と認め、推薦する者

(運動部の生徒に適用されます。)

愛媛県下の中学生で、スポーツにおいて、特に技能に優れるとともに、次の(1)〜(3)のすべての条件を満たす者を、スポーツ特別奨学生として任命します。スポーツ特別奨学生に任命された者は、月額20,000円が支給されます。返還の義務はありません。なお、校則違反および学業成績不振など奨学生としてふさわしくない行為があった場合は、奨学金の支給が停止される場合があります。

  1. 学業成績が総合的に見て平均程度以上の者
  2. 本校を専願とし、推薦入試Aにおいて合格した者
  3. 人物が良好で、中学校長がスポーツ特別奨学生として適当と認め、推薦する者

【注】 トップアスリート奨学生・スポーツ特別奨学生は、中学校時代における競技実績などを参考に、済美高校奨学生選考委員会で決定し、中学校長へ推薦を依頼します。なお、出願できる学科・コースは普通科(特進スポーツ科学・総合進学・情報・食物科学コース)に限ります。

(運動部の生徒に適用されます。)

愛媛県下の中学生で、次の(1)〜(4)のすべての条件を満たす者を、スポーツ自己推薦奨学生として任命します。スポーツ自己推薦奨学生に任命された者は、月額10,000円が支給されます。返還の義務はありません。なお、校則違反および学業成績不振など奨学生としてふさわしくない行為があった場合は、奨学金の支給が停止される場合があります。

  1. 学業成績が総合的に見て平均程度以上の者
  2. 本校を専願とし、推薦入試Eにおいて合格した者
  3. 入学後、3年間下記の部活動に所属して意欲的な活動ができる者
    男子 サッカー、ソフトテニス、陸上競技、剣道
    女子 ソフトテニス、バレーボール、卓球、バスケットボール、新体操、ソフトボール、陸上競技、剣道、テニス、サッカー
  4. 人物が良好で、中学校長がスポーツ自己推薦奨学生として適当と認め、推薦する者

自己推薦書は、出願時に本校所定の用紙に上記(3)の部活動で3年間意欲的に活動する抱負を交えて600字以内で志願者本人が記入し提出していただきます。なお、出願できる学科・コースは普通科(特進スポーツ科学・総合進学・情報・食物科学コース)に限ります。

※学業奨学生制度とスポーツ奨学生制度は重複して適用されません。

国や県の授業料助成制度《2019年度》済美高校入学者全員に適用

1 国の高等学校等就学支援金制度
保護者の住民税所得割額に応じて「就学支援金」が支給されます。(就学支援金は学校が代理受領し授業料に充当します。)

2 愛媛県授業料減免制度
1 の「2倍加算」対象者は、愛媛県授業料減免制度により就学支援金を引いた額【月額4,200円】が減額されます。(保護者が愛媛県在住の方のみ)

【注】なお、2020年度につきましては制度内容の変更(授業料無償化の範囲拡大)が検討されています。

学園歌 
進路状況