所在地確認 所在地確認

 

ホーム生徒会・家庭クラブ


 

生徒会は毎週火曜日の放課後に役員20名、サポーター8名で活動しています。無事に文化祭も終わり、生徒会活動が落ち着く時期になりました。3学期に入れば、文化・芸術発表会があります!それに向けての準備や現在の活動状況の反省などを中心に行っています。


第3回目は、書記の4人を紹介します。それぞれの好きな場所で写真を撮りました。


書記 杉山航太郎(道後中学校出身)
①挨拶
生徒会で書記を務めている杉山航太郎(すぎやまこうたろう)です。私は、1年生の5月から現在に至るまで、ありがたいことに信任をいただき役員を務めさせていただいています。
②好きな場所
私が済美高校の中で好きな場所は、生徒会室です。恐らく、みなさんの想像する生徒会室より広さはなく、少し手狭な空間です。しかし、ここに来ると役員としての自分になることができ、とても落ち着きます。生徒会室では、毎週定例会の日に、話し合いをしたり行事の準備をしたりしています。今の私には、この時間がとても楽しく、大切なモノです。
③中学生のみなさんへメッセージ
済美高校への入学が決まったとき、私にはまだ高校でやりたいことや、目標が定まっていませんでした。しかし、中学校の卒業式の日、校長先生に「高校でも生徒会を続けなさい。」と言っていただいたことをきっかけに、高校生活の第一のテーマを生徒会にしました。そのおかげで、充実した高校生活を送ることができています。みなさんもぜひ、一つテーマを心の中に持って高校に進学してください。

 

書記 吉澤萌伽(道後中学校出身)
①挨拶
済美高校生徒会役員の一員として書記を務めさせていただいている吉澤萌伽(よしざわもえか)です。1年生の頃から生徒会として活動してきました。
②好きな場所
私が校内で最も好きな場所は、テラスです。1年生の頃、天気の良い日にはクラスの友達とお弁当を持ってその場所でよく昼食を食べていました。心地よい風に吹かれながら、友達との会話も弾み、とても楽しい昼休みを過ごしていました。しかし、最近では2年生になり校舎も変わった関係でその場所へ行く機会は大変少なくなってしまいました。それでも、たまにその場所を通りかかると1年生の頃を思い出し、しばらくベンチに座ってのんびりとした時間を過ごすこともあります。私にとって、この場所は校内で唯一の癒やしの場です。
③中学生のみなさんへメッセージ
中学生のみなさん。受験勉強に日々励んでいることと思います。済美高校の先生方はわかりやすくて丁寧に勉強を教えてくれたり、相談に乗ってくれたりとても優しい先生ばかりです。私たちと共に一生に一度しかない高校生活を楽しみましょう。

 

書記 片山陽菜(愛宕中学校出身)
①挨拶
私は1年国際コースの片山陽菜(かたやまひな)です。生徒会では書記の仕事をさせていただいています。生徒会の仕事は忙しいですが、とても充実した学校生活を送ることができています。
②好きな場所
私の好きな場所は、自分の教室と図書館です。教室はクラスのみんなと楽しくおしゃべりしたり、授業を受けたりすることができるからです。また、図書館は落ち着いて勉強をしたり本を読んだりすることができるからです。
③中学生のみなさんへメッセージ

中学生のみなさん、高校はどんなところだと思いますか。済美高校では勉強・スポーツ・行事などさまざまなことに力を入れ、有意義な高校生活を送ることができます、もちろん勉強は中学生の時よりもはるかに難しくなりますが、努力することで将来につながると思います。中学生のみなさん、楽しい高校生活が送れるよう頑張ってください。応援しています。

書記 中藤桃華(伊方中学校出身)
①挨拶
私は1年国際コースの中藤桃華(なかふじももか)です。書記を担当しています。生徒会の仕事は大変ですが、メンバーと協力しながら頑張っています。
②好きな場所
私が学校の中で一番好きな場所は体育館です。入学式やクラスマッチ、文化祭など高校生になって楽しい思い出がたくさんできた場所だからです。また、下校するときに、体育館から聞こえてくるボールの弾む音も好きです。中学時代、、バスケットボール部に入っていたこともあって私にとって体育館は、とても特別な場所です。
③中学生のみなさんへメッセージ
中学生のみなさん、高校生になる準備はもうできていますか?高校では勉強も部活動も忙しくなります。けれど、大変なことばかりではありません。新しい友達や先輩、先生と出会い中学校とはまた一味違った楽しい日々を送ることができるはずです。済美高校の校訓でもある「やればできる」という言葉を信じて、今しかできないことを精一杯楽しんでください。

 

文化祭が終わると、生徒会活動もひと段落です。が、生徒会ではさまざまな行事に携わっています。11月5日(木)に行われた避難訓練と12月8日(火)に収録したラジオについて紹介します。


避難訓練(消化体験)
 済美高校では、学期ごとに避難訓練を行っています。今回は火事を想定して行われました。全校生徒約1800人が一斉に運動場に避難する様は非常に迫力があります。災害はいつか必ず起こります。普段からきちんとした訓練をすることが大事だと改めて思いました。また、消防署の方のお話を聞いて避難する際の心がけを教えていただきました。
生徒会1年生5名が消火体験をさせていただきました。その感想を紹介します。

僕は、消化体験を通して題意一発見者の責任がとても重大だと感じました。大声で火事を知らせ、消化器を用いて火の元を消さなければいけません。人の命に関わる重要なことだと思います。普段は大声を出す方ではないので恥ずかしい気持ちもありましたが、人の命を考えると出すことができました。もし本当の現場に遭遇したときは迅速に対応していきたいと思います。(1-5 阿部文哉)

僕は、今回の避難訓練で消化器を初めて使いました。良い体験ができたと思います。いつ火事が起こっても、正しい対応ができようにしたいと思いました。また、巨大地震もいつ起こってもおかしくない状況なので、そのような災害の時も冷静に避難できるようにしたいです。(1-5 重信蒼真)

今回、私たちは避難訓練で消火体験させていただきました。消火器なんて使う機会がなかったのでとても緊張しましたが、うまくできたと思います。また、校舎の上からシェルターで降りる訓練も中学校の時とは違い、とても驚きました。この経験を生かし、災害時の時正しい行動ができるようにしたいです。(1-5大濵美理香)

私は初めて消火体験をさせていただきました。私は実際に火事を体験したことがありません。今回は訓練だったので冷静にできました。もし本当に火事が起こったとき今回の体験を思い出して、冷静に対処したいです。
(1-5垂水海)


私は今まで消火器を使ったことがありませんでした。しかし、消火器はとても簡単に使うことができました。使い方を友達に教えてあげたいと思います。(1-5松本里奈)


南海放送ラジオ MOTTO!! 出演
南海放送ラジオさんと済美高校放送部、生徒会が昼休みの校内放送をジャック!ということで、11月24日(火)に視聴覚室でミーティングを行いました。12月8日(火)お昼休みの校内放送でゲストとして生徒会役員2名が参加させていただきました!テーマは「済美高校の愛を叫べ!」ということで済美高校の好きなところについて話をしました。12月11日(金)に南海放送ラジオで放送もされました。


 

2015年12月16日

 

 

 

 
 
 
 
 
 
   
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから