所在地確認 所在地確認

 

ホームキャリア教育


 

対象:食物科学コース 2年生
愛媛県は、県民の野菜摂取量を増やしたい、また若い人たちの多くが朝食を食べるようにしたいという願いから、「朝食をとろう!「野菜de朝食」キャンペーンを実施しています。

(愛媛県 保健福祉部健康増進課 HPからの資料)

 どのようにしたら、この願いが叶えられるか、高校生のアイディアを活かして、実践活動に結びつけようと、済美高校でこのプロジェクトを開始するにあたり、健康増進課の関屋雅子氏山内善代氏、料理研究家&食育アドバイザーの中村和憲氏に講話をして頂きました。

【講座の様子】

 

【生徒の感想】  

○愛媛県民の野菜摂取量は、男性33位(47都道府県の中で)ときいて、びっくりしました。また、健康寿命も意外に短かったので、何とかしないといけないなと切実に感じました。

○なぜ朝食を食べないのか、私の場合は、寝るのが遅いため、朝食欲が出ないのと、寝坊気味で朝食を食べる時間も惜しくて寝ていることが原因です。若い人は、私のような人も多いと思うので、これを機会に生活習慣を改めようと思いました。

○愛媛県民が健康で長生きするためにも、手軽に野菜が摂取できるメニューをこれから考えていこうと思います。男性の場合は、何か料理をするということさえもおっくうだと思うので、スムージーや野菜ジュースを県産野菜・柑橘で考えたら良いのではないかと思っています。

○中村先生からは、味噌汁がよいとアドバイスをいただきました。愛媛は裸麦も生産量が多く、よいお味噌が作れるのでそれを利用して何か考えたいと思います。一人暮らしの人にやってみよう、食べてみようと思わせる工夫が何かないか、これから考えます。

このプロジェクトは、今日をスタートとして進んでいきます。愛媛県庁 保健福祉部健康増進課の皆さんが高校生の斬新なアイディアに期待してくれているので、これから頑張ります。

 

 

2016年06月02日
 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから