所在地確認 所在地確認

 

ホームキャリア教育


 

社会人として自立した人を育てる促進活動・職場体験事前学習
株式会社 フジ 人事総務部 人事課 採用教育係長 森田 順子 氏

【目的・要旨】
 新規学卒者の雇用環境において、求人数は増加しているものの、求人・求職のミスマッチ等、早期離職する若者が多いという状況も続いている。そこで、地域の企業の協力により、これからの未来を担う生徒に対して、「社会で働く」ということについて一緒に考える機会とすることを目的として本講座を開講した。また、夏休みにインターンシップを実施する生徒に対しての事前学習とし、就職活動を控える生徒にとっては自分の適性を理解し、就職試験に臨むよう理解することも目的とした。
  中四国地区6県に96店舗を構え、事業活動を通じて地域経済の活性化、地域文化の継承や発展への寄与、地域住民同士の交流などに取り組み、豊かなくらしづくりに貢献している株式会社フジより「社会で働く」というテーマのもとご講演いただいた。従業員一人ひとりがお客様視点で業務にあたり、仕事を通じて成果を出すことで、自らの成長を実感できる職場づくり、女性が活躍できる仕組みづくりを推進することで、従業員がいきいきと働ける職場を目指す取り組みの紹介があった。また、小売業界が求めている人材や「ABOUT MYSELF」シートを使った職業適性を調べる活動を行った。今からでもできることに「CHALLENGE」することと、自分で考え、行動することが社会人として必要であることが理解できた。

【生徒の感想】

〇 ビジネス基礎の授業で学習した小売業・卸売業など、生産者と消費者の橋渡しをする流通に関わる仕事に関心がわいた。
〇 「ABOUT MYSELF」シートで、自分の思っていなかった適性を知ることができた。
〇 森田先生の笑顔が素敵だなと思った。私も印象を良くするために笑顔を意識しようと思った。
〇 校内で先生とすれ違っても会釈しかしていなかったが、声に出して挨拶しようと思った。
〇 実習生であってもお客様からはお店の従業員として扱われるため、節度ある行動を心がけたいと思った。
〇 自分の適性を知り、自分を理解することで職業選択をしていこうと思った。
〇 インターネットでは知ることのできない内容を聞くことができ、職場体験に備えることができた。
〇 古谷さんのお話は、これから就職試験に臨む私たちにとって、身近に感じ、何事にも目標を持って取り組むことの大切さを知った。
〇 自分の失敗は、会社の失敗になるというお話に、責任感をもって職場体験に臨もうと思った。
〇 自分で考え、行動することを意識して高校生活を送ろうと思った。
〇 古谷さん自身の就職体験談を聞けたことが、就職試験を控えた私たちにとって、とても参考になった。

 

講師森田 順子氏(右)古谷 望(左・卒業生)
受講する生徒の様子

 

2019年12月13日
 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから