所在地確認 所在地確認

 

ホームキャリア教育


愛媛のものづくりマイスター(熟練技能者)による製パン講習会 (1回目)
ベーカリーショップ ウェスタン     佐田 悟 氏

 

【目的・要旨】
「ものづくりマイスター」(熟練技能者)とは、国に認定されたものづくりのプロである。「ものづくり」のやりがいや楽しさを通して、職業観を身に付けさせたいと考え、厚生労働省より「若年技能者人材育支援等事業」を受託した愛媛県職業能力開発協会の協力を得て、本講座を企画した。平成29年度は、ものづくり講座(製パン)を2回実施する予定である。
第1回目の講座は、パン作りの基本を学んだ。まず、パン作りに必要な食材の説明を受けた後、ロールパン、クリームパン、ピザパンを題材にした実技講習が行われた。将来パン職人を目指している生徒は、特に熱心に質問していた。今回は、ベーカリーショップ 「ウェスタン」にインターンシップ中の学生が助手として関わってくれたので、実習がスムーズに進んだ。自分たちの人生の少し前を歩く先輩として生徒の目標にもなった。

「食」に関するものつくりで最も重要なことは、消費者に安全なものを提供することであり、食中毒を起こすようなことは絶対にあってはならない。また、消費者が喜び、売れる商品を作り続けるためには、絶えず研究し、時代の流れに沿ったものづくりをすることが必要である。第2回目には、塩パン、メロンパンをはじめ、新たな題材を教えて頂く計画があり、生徒は楽しみにしている。
 
クリームパン
ロールパン
ピザパン

【生徒の感想】
○ 初めてパン作りを体験して、とても楽しかった。先生が優しく教えてくださったので、自分なりには上手にできあがった。ものづくりの楽しさを味わうことができた。
○ ものづくりは、時代や人々のニーズによって、求められるものが変わる。その時代の流れに沿って、新しいものをどんどん作っていく必要があるので大変な仕事だと感じた。それと同時に、やりがいのある仕事だと思った。

○ 人に食べてもらうものだから、安全・安心には細心の注意を払う必要がある。食中毒を出すようなことがあってはならない。また、輸入された食材を使うより地域の産物を利用する事で、地域色豊かな食品を作ることもでき、消費者に喜んでもらえるという話を聞いた。地産地消を心掛けることは食の安心・安全に繫がることがわかり、将来の夢を実現するにあたりとても勉強になった
講師:佐田悟氏(右)
助手:遠藤さん(左)
示範する講師
ロールパンを作製中

 

 

2017年09月20日
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから