所在地確認 所在地確認

 

ホームキャリア教育


 

アスリートの強靱な身体づくり~食べて絞れ!無敵の筋トレ食~
日本体育大学 准教授 岡田 隆 氏

【目的・要旨】
目的
 スポーツ科学コースの生徒は、どの競技の選手も優勝することや全国で活躍することを目標に、日々厳しいトレーニングや練習を行っている。そのトレーニングや練習に加えて、適切な食事を摂ることが必要とされるにも拘わらず、食の大切さを理解できていないように思われる。そこで、日本体育大学の准教授であり、日本オリンピックの委員会強化スタッフ、柔道全日本男子チームの体力強化部門長の岡田先生から話を聞き、食に対する知識を得て、食の大切さを学ぶことで、今後、素晴らしいパフォーマンスができる身体づくりをサポートしたいと考えた。
 
要旨
日本オリンピック委員会強化スタッフや柔道全日本男子チームの体力強化部門長である岡田先生から強靱な身体づくりに必要な食について講義していただいた。まず柔道界のトップ選手でも世界で活躍することの難しさを話していただいた。これまでのように柔道の稽古だけでは勝てないことから、新しい考えを取り入れたそうだ。それが、筋力トレーニング、栄養学、データの分析である。この3つで、勝つための身体づくりを実践している。世界で活躍するトップ選手を分析してみると、筋肉が大きく、体脂肪が少ない身体であることが分かった。そこで強化方針の一つとして、除脂肪体重(筋力)増加を図った。そして、この強化の中でも規則正しい生活(食事や睡眠)とトレーニング、つまり、運動・栄養・休養が大切であり、時間を上手く使った人間しか勝てないということも教えていただいた。特に食事については「バランスの良い食事こそ無敵の食事術」と言われ、強靱な身体づくりにのためには、食事が重要であることがわかった。近年、糖質オフダイエットが注目されているが、特定の栄養素を敵視して除外することは、身体作りにはあってはならない。競技によっては体重や見た目を気にしなければならないものもあるが、「炭水化物=糖質=太る」という認識は誤解であるということも、生徒にとって食事を見直す一つの内容であったように感じた。また、炭水化物を選ぶことと同時に、良い食物繊維と良い菌を摂取する水溶性食物繊維が重要である。そこで、低糖質であり、高品質な食物繊維を摂取できる「スーパー大麦」を推奨しているという。先生自身も、これまでで一番、最高の除脂肪を経験することができたと述べていた。合言葉は「地球を喰らえ!」と言われるぐらい、地球から養分を吸い上げている野菜や穀物が身体づくりには最も重要で、生徒にとって印象的な言葉であった。これまで得た知識と異なる内容もあったようで、生徒が驚愕する場面もあった。これからの生活に、そして身体づくりに活かすことのできる講義内容であった。

【生徒の感想】

○ 講義を聞いて、今までの食生活や睡眠を振り返って、改善すべきことが多くあった。減量するには食べない方がいいと思い込んでいたが、それは違っていて、バランスのとれた食事が大切だということがわかった。食事の献立なども具体的に教えていただいたので、始めてみようと思う。

○ 思っていた以上に間違った情報が、世間一般で広がり、信じられていたことに驚いた。これからは正しい知識をもとに、身体づくりをしようと思う。

○ 「できない」で終わらすのではなく、何ができるか、何が悪いのかなど、「思考を止めない」ことが大切だということも教わった。考えることをやめず、そして、教えていただいた食事術を取り入れ、意識して身体作りを行いたい。

 

岡田 隆 氏
質疑応答

 

2019年12月20日
 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから