所在地確認 所在地確認

 

ホームキャリア教育


「生活習慣病予防のためのスキルアップ」~無理のない減塩で高血圧予防~
松山市食生活改善推進協議会 西村 恭子 氏

【目的・要旨】
不規則な食生活や運動不足などにより発症する生活習慣病。代表的なものに高血圧がある。高血圧は、自覚症状がほとんどないことが大きな特徴で、気付かずに放っておくと命に関わる危険な病気を引き起こす原因となる。高血圧を予防するには、塩分を控えることが重要であり、厚生労働省が定めた食塩の1日あたりの目標量は、成人男性が8g未満、成人女性が7g未満である。しかし、日本人が摂取している量は平均すると10g(厚生労働省 平成27年国民栄養・健康調査より)で、まだまだ減塩が必要である。そこで、松山市食生活改善推進協議会より会長の西村恭子氏を講師にお招きし、無理のない減塩についての講義と減塩食の実習を行った。講義の中で、塩分量を制限するためには、自分がどれだけの塩分を摂取しているのかを知ることが大切と話され、生徒たちが各家庭から持ち寄った汁物の塩分測定も行った。

講師 西村恭子 氏
塩分測定の様子
調理実習の様子

 

【生徒の感想】

◯ 今日の献立では、減塩している感じが全くなかった。しかも、食材それぞれの旨味やだしの旨味が効いていて、とても美味しかったし、調理方法も電子レンジを使うので簡単だった。このような献立なら、毎日続けられると思った。

◯  我が家の味噌汁の塩分濃度を測定してみると、標準の0.8%で良かったのだが、私の好きなラーメンを汁まで飲み干すと1杯で4~6gの塩分を摂ることを知り、これからは、ラーメンの汁を飲むことはやめて減塩に努めたい。

○ 減塩献立と聞いて「美味しくないのでは?」、とマイナスのイメージを持っていたが、思ったより味がしっかりしていて、見た目にも豪華で美味しかった。特に電子レンジで作るミートローフは、家でも作ってみたい。

 

2018年01月26日
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから